ゼロ カーボンRepullanjun変動する強い信念は全体的なゼロ カーボン作戦を解放した

January 7, 2023

世界は現在「緑エネルギー」の回転を経験している。この不確かな世界では、次の30年の最も大きい確実性は世界の主要な経済がゼロ カーボン経済に積極的にtransitioningことである。

過去5年間では、Rupu LanjunエネルギーCo.、株式会社は最も短い確立の時間の企業になったが、「限界作成のゼロ カーボン プロダクト作戦と密接に関連している企業の最も速い開発は会社が作り出す力および貯蔵の組合せを」の作成する。新しいエネルギーの急速な開発によって、グローバル市場の競争で際立つために、すぐに企業の区別された比較優位を見つけることは必要である。2022年に全体的なゼロ カーボン工業の急速な開発を後押しする、Ruipu Lanjunは主要な力およびエネルギー蓄積の顧客が付いている手を国内外で結合する。

極端は倍力プロダクト ゼロ浸炭窒化を作成する

全体的なゼロ カーボン転移という点において、力およびエネルギー蓄積の市場は兆レベルの市場トラックに展開し、新しいエネルギーはTWhの時代に入った。開始以来、Ruipu Lanjunは国際的なパターンが付いている世界競争に加わった。極度な作成のプロダクト建築システムでは、電気細胞はほとんどの中心の主要部分である。Ruipu Lanjunは3つの次元によって国内および外国力の市場の厳密な条件を満たす:北極の中心の設計、極度な製造業および極度な工場。

北極の中心の設計の面では、プロダクトは構造革新、電気化学の革新および物質的な革新の3つの新しい作戦に焦点を合わせる。

solid-liquidインターフェイスが完全で制御可能な状態を達成したように、二重高い設計の多次元solid-liquidのインタフェース設計の技術に、非破壊的な検出の技術およびシミュレーションの技術によって集中する高い表面密度の設計思想および高圧固体に付着して多次元気孔構造の詳細な研究そして構造は浸潤の技術の進歩を達成した。industry-leading SCLの電極のデザイン技術は包括的に細胞の費用そして製品の一致性を改善する。Qendingの細胞は2022年に採用する第三世代の限界構造の設計を解放した。それは構造、プロセスおよび製造業のための革新的なプラットホームの技術である。同時に、ライフ サイクルの塗布のブスターの細胞の信頼性。

極度な製造業では一方通行の生産力を最大にするのに、固定資産の最低の投資が使用されている。同時に、Ruipu Lanjunの管理はずっと異なった適用分野で一流の顧客によって無数の監査の後で絶えず改善され、国内外で改良されている。問題力またはエネルギー蓄積 プロダクト、それは一流の自動車ゲージのレベルの製造方法、全プロセスの細い品質管理およびプロダクトの最終的な質を達成し、絶えず製造原価を削減するために高度GK管理を、国内外で採用しない。

絶頂の工場の点では、それは低炭素の開発の国際的視野を採用し、緑の電気の適用と理性的なエネルギー管理を結合し、そしてゼロ カーボン工場の新しい世代を造る。新しい基盤の構造では、それは積極的にゼロ カーボン構造の構造およびdata-based理性的な工場の構造を促進する。

、極度な製造業および極度な工場北極の中心の設計の3つの次元に基づいて、Rupu Lanjunは完全な管理システムおよび全体的なプロダクト標準的な証明を確立した。質管理では、環境管理、情報セキュリティは、社会的責任、また遂行しているISO14067証明を国内外で証明されたが。力および両方エネルギー蓄積 プロダクトは多くの国および地域の国内外で標準的なテストおよび証明を得た。その間、Ruipulan 6月は安全性能、特に熱逃亡の性能に大きい関心を払う。いろいろな種類のプロダクトはだけでなく、国民の標準を、また電池、モジュール、システムおよび電池の集りのレベルをテストし、確認するためにUL9540Aを採用するために採用する。

現在、Ruipu Lanjunのの支持モデルは動的記憶装置連結のプロダクト作戦に主流の顧客を、200のkmからの700のkmにマイレッジ、次の3年に、Ruipu Lanjun付着し、促進し高いニッケル、ケイ素 カーボン陽極、半固体電池、合成システムの適用を、そしてまだ更にカバーする700-1000のkmまたはより多くのプロダクトの範囲を国内外で蓄電池カバー。